デジタルコンテンツへの課金!?

どうも!超絶新人のTです。前回のS.Iさんに引き続き初投稿となります。

艦隊これくしょん
趣味は家に引きこもって、ネット充実ライフを送る事と、お酒を飲むことです。サッポロ黒ラベルと、グレンリヴェット18年が推し酒です。
ちなみに、巷ではブラウザゲームの”艦隊これくしょん”というのが大人気ですが、友人の誘いに負けて、今はLv88大将の提督となってしまいました。


趣味から始まったプログラム人生も、早いもので13年ぐらい経ちました。ブランクもありますが心機一転、スマホアプリもがしがし作れるように頑張りたいと思うので、どうぞ宜しくお願い致します!


さて、トンガルマンラボの話題です!

皆さんは、デジタルコンテンツに対して課金をする事はありますか?

アプリのダウンロード、ネットゲーム内のアイテム、電子書籍etc... 巷では、”デジタル”な商品が溢れています。今回は、そういったコンテンツに関する話がトンガルマンラボでの議題となりました。


1.デジタルコンテンツを買った事があるか?
ラボの参加者に聞いてみました。

Nintendo 3DS「モンスターハンター4」をダウンロード販売で購入。
皆さんご存知の”モンハン”。知らない人はいない?程の有名なタイトルですね。今回からダウンロード販売がある、という事で買ってしまったようです。

パッケージ版もダウンロード版も同価格なのですが、ゲームソフトなら課金の抵抗は少ないのでしょうか?それとも、買いに行くのがめんどくさいからでしょうか?自分の友人も、発売日の深夜3時から「ダウンロードサーバーに繋がらない!」と必死に騒いでいました。


課金はあまりしない。無料のものばかり使う。
無料の小説などを読む。課金はしない。
課金しない派の意見。とにかく、課金は利用せずに無料のもので全て済ませてしまうローコスト主義。タダ万歳!

確かに、無料でもハイクオリティなアプリはいっぱい有りますよね。本当にどうしても・・・という必要が無ければ、有料コンテンツを利用する事のない人も多いですよね。


即課金、躊躇無し。
ちなみに自分の場合です。ネットやゲームが大好きな自分は、面白いものがあれば即課金します。待った無しの1万円ぶっこみ余裕スタイル。懐の乾き具合がシャレにならない諸刃の剣ですが・・・

お金を払うだけの対価(物でなくても、楽しさ便利さ等)があれば、そこにお金を掛けてもいい、と思うのですが皆さんはどうでしょうか?


2.課金についてどう思うか?
デジタルコンテンツへの課金などに対しての雑感。

★勝ち続ければ課金されない、鉄拳レボリューション。
PS3でプレイ出来るこのゲームソフトは、オンライン対戦が出来ます。1プレイいくらという形で、コインを消費していきます。コインが無くなっても、時間経過と共に回復はしますが、早く対戦したければコインを買う事も出来ます。勝ち続けていれば、その間はずっとプレイできるので、正にゲームセンター感覚。

お金を掛けた人が勝ち!なソーシャルアプリが多い中で、この課金方式はなぜか斬新に思えてしまいます。


★課金はするけれども息の長いゲームが少ない。
ラボ参加者の友人(自宅警備員)の意見。モバイルコンテンツの話ですが、最近は息のなが〜いゲームが少ないと嘆いているそうです。課金はするけれども、ミニゲーム的なコンテンツが多く、すぐに飽きてしまうとの事。

確かに、最近はミニゲームの延長線にあるようなコンテンツが多く、更にガチャを回してレアアイテムをゲット!という図式が主流ですよね。サービスの提供側としては、薄利多売で回転率を上げるのが効率良いのでしょうか?


嫁を集めるゲームから抜け出せない。
ラボ参加者ではありませんが、社内のとある人物がこれに嵌まっているそうです。調べたところ「嫁コレ」というのが検索に引っかかりました。「嫁カード」を収集したり、たくさん持つ為に「嫁枠」を増やす、という部分に課金要素が入っています。内容を眺めてみましたが、集める嫁の数の多いこと多いこと・・・永遠に終わらなさそうだと思ってしまいました!

なるほど、こうやって一夫多妻なんて男のロマンをくすぐり、ユーザーをどつぼに嵌めていくんですね(いや、自分から嵌まりにいってる感も)。嫁を全て集める(コンプリートする)為に一体いくらつぎ込めばいいのでしょうか。


3.その他、デジタルとアナログの違いなど
形として残るアナログ、そうでないデジタルの違いについて。

例えばスマホに入れたデータが消えたらどうしよう・・・
所詮はデータです。形に残っているわけではないので、それが消えてしまったら・・・と考えたら、デジタルコンテンツの課金には、躊躇してしまいます。

確かにそれはありますよね。自分も家のハードディスクのデータが吹き飛んだら寝込むことでしょう。そういった不安が解消されれば、そこに躊躇している層も掘り起こせるようになるでしょうか?


★一つにまとめられるので便利
課金する派は、やはりこういう考えになりますね。わかります。物があるのもいいけれど、ありすぎても狭い部屋には置く場所がない!でもデジタルコンテンツなら、場所も取らないし超便利。

今では、スマホやiPadなどのタブレットを持ち歩く人も多く、ネットワーク上でファイルのやりとりも出来るし、凄く便利ですよね。



今回のラボ参加者の中では、課金をする、しない人はきっぱり分かれました。でも、3年、5年と立てば課金寄りになっていくのでしょうか?今後の変化が気になります。
スマホがより普及すれば、課金をしている身近な人が増えますよね。そうなれば、自然と課金に対する抵抗も無くなっていく気がします。後は興味の持たせ方、不安感の払拭、をどうするかがポイントだと思います。

とまあ、自分の意見が多分に入っていますが、まとめるとこんな感じでした。

それでは、また次回に!


トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman

0 件のコメント:

コメントを投稿