ウェアラブル端末について

サッカーワールドカップのメンバーも発表されていよいよワールドカップという感じがしてきました。
今回はブラジル開催ということで深夜~早朝の時間帯ですね。。。
これは録画だけして見ないパターンだな、と思っているエンジニアMです。




さて、今回はウェアラブル端末についてのお話です。




ウェアラブル端末




技術の隆盛はどんどん激しくなっていきますが、
最近はウェアラブル端末の市場が活発になってきています。

今回はそんなウェアラブル端末をいくつか紹介したいと思います。




どんなものがあるの?


Ring

今年の7月からいよいよ出荷予定のRingです。
簡単に言うと指にはめてジェスチャーを感知する入力デバイスです。
タッチセンサーやBluethoothLE、LEDやバイブレーション機能も搭載されています。

ジェスチャー検知のデバイスでLeap Motionというものがありますが
明確な違いは「指に装着する」ということではないでしょうか。

内部にバイブレーション機能が搭載されているので
指に装着することにより入力後のフィードバックを
ダイレクトに受け取ることが可能になっています。

Leap Motionでは「物を掴む」というジェスチャーは可能だったのですが、
実際に掴んでいる感覚を出すことは出来ませんでした。

このあたりの感覚的なものを実現できるのでは、、と思っています。


Nod

Ringに非常に良く似たデバイスです。
サイトを見る限りよりタッチセンサーが強化されている感じです。

指にはめるマウスのに近いのかもしれません。
ちなみに防水のようです。

Oculus Rift

ヘッドマウントディスプレイの一種なのですが、
3Dに見えること、目の前一面が画面になることで
いままで体験したことがない没入感を味わうことができます。

弊社でも試してみましたが、ほんとにすごいです。

オキュラス ジェットコースターデモ体験動画
この動画は大げさではないです。
・・・いや、やっぱりさすがに大げさです。


Google Glass

メガネの要領で片目に小型モニターを設置し、そこに様々な情報を表示する事ができます。
非常にサイバーな感じですよね。

メガネの人はどうするの?と思いますが心配後無用。


メガネ対応もされています。


GoggleGlass購入について

このほどアメリカの居住者は在庫のある限り購入が出来るようになったようです。





おわりに


このようなガジェットは映画や漫画で未来のアイテムとして登場してきたようなものばかりです。
実際に手の届く値段で買うことができる時代がきたなんてすごいですね。

まだまだ発展途上・群雄割拠の分野ですが要チェックです。




トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman

0 件のコメント:

コメントを投稿