アプリの利用時間の比率

こんにちは。
梅雨時には「いま、会いにゆきます」を見て、
泣きそうになるエンジニアのAYAXです。

早速ですがアプリの利用比率って気になりません!?


最近のスマートフォンは、簡単にいえば小さなPCです。
電話やメールはもちろん動画や、音楽、メモ、めざまし、ゲームなど
数多くのコンテンツが楽しめます。
時間を忘れてついついアプリに没頭してしまう・・・
という人も多いのではないでしょうか?
さて、いろいろなコンテンツがある中で、
いったいどんなアプリを
よく使っているのでしょうか?
アプリの利用時間から検証してみようと
ちょっとぐぐってみました。

スマートフォン・アプリのジャンル別利用時間比率

「ゲーム」> 49.5%
「ソーシャルネットワーク(SNS)」>14.9%
「ニュース&雑誌」> 8.3%
という比率でゲームの利用がダントツでした。


ジャンル内・利用者年代別の利用時間比率

ではジャンル別にどんな方が利用しているのかのデータです。
 ※一部データは割愛させていただいております。

==ゲーム==
「女性50代」66.6%
「女性40代」58.6%
「女性30代」56.1%

==ソーシャルネットワーク==
「女性10代」43.7%
「男性10代」30.9%
「男性20代」22.5%


ゲームの利用時間比率は女性が多いことに驚きです。

最近のゲームではソーシャル機能が付いたゲームも多いですが
このジャンルだけでみるとネイティブアプリが人気だとか。
ソーシャルネットワーク (SNS)だけで見ると

10代は1日平均80分間以上、
LINEなどの「SNSアプリ」を利用し
平均利用時間では10代女性は利用時間が最も長く、
 ソーシャルネットワークはいまだ根強い人気があり
利用者数が増加に比例して利用時間が長くなっているように思えます。

----平均利用時間内訳------
「LINE」(37分)
「Facebook」(8分)
「Twitter」(37.26分)

          ※他社調べ

という結果でした。

もっと詳しくお伝えしたいのですが
今回は目立ったデータのみでご勘弁を・・・

意外な結果!?


この結果をみて意外だったのは
ゲームでの利用時間の多かった女性の30代~50代です。
若い世代と思いがちのゲームのジャンルですが
既存のゲームのハードとは違い操作しやすく、扱いやすいなどの理由と
簡単で短時間で楽しめるゲームはニーズにあったのかもしれません。
利用者のことを知ることでこれからの展望がみえてきます。
アプリストアの人気ランキング等と照らし合わせてみると
ランキングの見え方が少し変わってくるかもしれません。

今回は、気軽にできるスマートフォンの
アプリばかりでしたが
トンガルマンのメンバーは
最新
メジャーなハードウェアのアプリから
マイナーなハードウェアのアプリまで
いろいろ 引き出しを持っています。
今後の記事で出てくるかもです。
ご期待くださいませ。

それでは・・また。

0 件のコメント:

コメントを投稿