MacOSアップグレード時の注意点

来月には年末ということで気持ちだけ焦っているエンジニアのYです。


前回のブログのときは、ちょうどMacの新OS「Yosemite(OS10.10)」の正式リリースの直前ということもあり新しく実装される機能等についてふれました。

OS10.10のリリースから約1ヶ月程経過し、実際に新OSへアップグレードを行った方も多いかと思います。同時に、様々なトラブルが発生しOSのアップグレードを後悔している方も少なからずいるのではないでしょうか?
そこで、今回はOSアップグレードにより発生しやすいトラブルや注意点について書きたいと思います。

下記の内容を見ればトラブルも解決できますので、是非ご覧ください。

アップグレードの事前準備


・必ずデータのバックアップ
まずは、MacOSのアップグレードを行う場合、必ずバックアップを作成することが最も重要です。

・バックアップの方法
バックアップの方法にはいくつかありますが、Time Machineバックアップが簡易かつ便利です。
このブログでも今後バックアップについてもっと詳しく書いていく予定です。

【Time Machineの設定】
システム環境設定 > Time Machine > スイッチを「入」にする 




・バックアップのメリット
① 万が一データがなくなってしまってもデータの復元ができます。
② 「OS10.10」 から「元のOS」に戻したいという場合にはOSのダウングレードが行いやすくなります。

以上より、バックアップに関しては行うべきメリットばかりです。
日頃からバックアップをしておけば、いざというときにも対応できますので、是非行うことをオススメします。


アプリケーションに関するトラブル


・トラブル事例
アプリケーションが起動しない、挙動がおかしい、一部の機能が使用できない等々…。

・対処方法
まずは、アプリケーションの開発元にOS10.10が対応しているか確認しましょう。

対応していない場合
アプリケーションがOS10.10への対応を待つ、もしくは上記でふれましたOSダウングレードで以前のOSに戻すか、どちらかとなります。

対応している場合
そもそもOSが原因の問題かどうかなど様々な問題の可能性があるため、Appleのお問い合わせ窓口であるAppleCareに一度連絡をされることをオススメします。
ネット上でトラブルの対応方法などがあったりしますが、その対処方法で間違っている内容で手遅れになる可能性もありますので、あまりオススメしません。

Safariやプリインストールのメール等のアプリケーションのトラブル:こちらも上記同様、Appleのお問い合わせ窓口であるAppleCareに連絡されたほうがいいかと思います。
OSに付随するアプリケーションの場合、OSの再インストールや初期化再インストールの可能性もあるためデータを失う前にAppleCareへの連絡をオススメします。

・その他
その他のアプリケーションでトラブルが発生して結構困るのがAdobeだと思います。
仕事でも使用するかと思いますので、Adobeに関しては現在使用しているバージョンがOS10.10に対応しているか一度確認を行った上でOSアップグレードを行うことを強くオススメします。


Wi-Fiやプリンタに関するトラブル


・トラブル事例
Wi-Fiが接続できない、Wi-Fiの接続がすぐに切れる、プリンタに接続できない等々…。

・対処方法
こちらもまずは、デバイス(Wi-Fi機器やプリンタ機器自体)がOS10.10に対応している確認しましょう。

対応していない場合
新しいOSに対応するための「ファームウェアアップデートの有無」を確認しましょう。ファームウェアアップデートはデバイスのメーカーから提供されるものが多いので、メーカーのWebサイトで一度確認するのがいいかと思います。特に大手プリンタメーカーはこの辺りのサポートが充実しております。
もし対応していなければ、OSのダウングレードといった流れになります。

対応している場合
OSに起因するものかどうかなど様々な問題の可能性があるため、こちらもAppleのお問い合わせ窓口であるAppleCareに連絡をされたほうがいいかと思います。

・その他
上記ではWi-Fiの接続不可について述べましたが、一方で有線接続でのインターネット接続の場合にはOSアップグレードが原因のトラブルはあまり起きないです。ただし、必ずそうとも言い切れませんので注意が必要です。


その他のトラブル


その他のトラブルとしては、外部ディスプレイに接続しても写らないや、そもそもOSのインストール途中でフリーズして何時間も経過している等々…などトラブルのケースとしては挙げれば際限がありません。

また、今回のOS10.10はiOSの連携がより強化されているため、iOSとの連携トラブルも今後考えられます。Macに問題があるのか、iOS(iPhoneやiPadなど)に問題があるのかの判断が難しいところです。

新OSがリリースされて、さほど日付が経っていないため情報も不足している時期でもありますので、もしトラブル等が発生した場合にはAppleのお問い合わせ窓口であるAppleCareに早めに連絡されることをオススメします。


AppleCareの連絡先



日本のAppleCare電話番号:0120-277-535
※音声ガイダンスに従って番号を押していけば製品担当部署につながります。
※以前に比べて担当窓口につながりやすくなっております。

 AppleCare 各国連絡先一覧


OSのアップグレード(アップデート含む)が原因のトラブルに関しては、AppleCareのサポート期間が終了している場合でもサポート対象となる可能性があるため、一度連絡してみて損はないで


Appleサポートコミュニティについて


Appleが公式で運営しているコミュニティです。



ユーザの方々が情報交換されており最新の情報が集まっている場所でもあります。
是非、活用してみてはいかがでしょうか。



トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman




0 件のコメント:

コメントを投稿