Macのシステム環境設定について①

今年初めてのブログ登場のエンジニアYです。
今回も去年からの引き続きでMacに関するブログ更新です。

早速ですが、今回はMacのシステム環境設定についてのブログを書きたいと思います。
システム環境設定は、文字通りMacの設定を行うものですが、普段あまり扱わない設定項目もあるかと思いますので、是非ご覧ください。
一度ではすべて説明しきれませんので数回に分けて説明していきたいと思います。
今回はその第一弾です。


システム環境設定>一般


「一般」は、Mac全般のレイアウトに関する設定を行います。
上から順番に・・・


・アピアランス
このカラーを変更することにより「閉じる」ボタン等の色を変更できます。



・強調表示色
ファイルやフォルダや一定の範囲を選択したときの色を変更できます。



・サイドバーのアイコンサイズ
Finderの左側に表示されている文字とアイコンの大きさを変更できます。



・スクロールバーの表示
スクロールバー表示の設定を変更できます。常に表示する場合には「常に表示」に切り替えれば表示されます。



・スクロールバーのクリック時
スクロールバーが表示されているときにクリック時の動きの設定です。
「次のページへ移動」に関しては、クリックのたびに順番に遷移していくのに対して、「クリックされた場所にジャンプ」はクリックしたページまで一気に遷移します。


・書類を閉じるときに変更内容を保持するかどうか確認
文字通り、変更後の内容を保存するかどうかのアラートを表示するものです。


・アプリケーションを終了するときにウィンドウを閉じる
これにチェックをした場合は閉じたときのSafariのページがリセットされます。もし以前に見ていたページを維持したい場合には、選択を外すことで可能となります。


・最近使った項目
左上のリンゴマーク」>「最近使った項目」に表示される個数の設定を変更できます。




・使用可能な場合はLCDで滑らかな文字を使用
一部のフォントに対してエッジ部分のギザギザが軽減されるように変更できます。



● 「システム環境設定>一般」についてのまとめ

・Mac全般のレイアウトに関する設定
・スクロールバーに関する設定

を設定するときは「一般」で設定できます。



システム環境設定>デスクトップとスクリーンセーバー


こちらは「デスクトップ」と「スクリーンセーバー」があります。

「デスクトップ」には、デスクトップの背景設定に関するものと、メニューバーを半透明に変更することができます。おおよそ表示を見ればわかるものばかりです。




「スクリーンセーバー」もほとんど表示を見ればおおよそ把握できるかと思いますが、右下の「ホットコーナー」について説明したいと思います。

「ホットコーナー」とは、マウスやトラックパッドの操作だけで、Mission Controlやスクリーンセーバー、スリープなどを開始できる機能です。
慣れれば、アプリケーションをクリックする必要がなくなるため便利です。
以下、設定方法と説明です。




「ホットコーナー」をクリックすると下記のように表示が出てきます。


この4つの項目は画面の各コーナーを示しています。
どのコーナーでもいいのでクリックすると下記の表示が出ます。



この表示のなかのものを一つ設定すれば完了です。
後は、設定したコーナーにマウスカーソルを動かすと設定した機能が開始されます。

これらは、4つのコーナーに設定できますので使い分けが可能です。


● 「システム環境設定>デスクトップとスクリーンセーバー」についてのまとめ

・デスクトップの背景に関する設定
・スクリーンセーバーに関する設定
・マウスやトラックパッドを動かすだけでスクリーンセーバーやMission Controlができる「ホットコーナー」の設定

を設定するときは「デスクトップとスクリーンセーバー」で設定できます。



システム環境設定>起動ディスク


あまり選択することのないシステム環境設定に「起動ディスク」という項目があります。

この「起動ディスク」の機能を使用すると、MacOSXやWindowsなど複数のOSがインストールされているときに起動するOSを選ぶことが可能です。




上記の枠内には各OSが表示されます。
(※上記の画像にはWindowsOSが表示されていませんが、インストールしていれば表示されます)


WindowsをBootCampでインストール直後は、デフォルトでMacOSXが選択されているため起動してもMacOSXが起動します。Windowsから起動を開始したい方や頻繁に使う方は、この選択をWindowsに選択し直せばWindowsから起動できるようになります。



他の「起動ディスク」の設定として、「ターゲットディスクモード」というものがあります。



これは、他の2つのMac用意し接続した上で、一方のMacを他方のMacから閲覧や操作することができる機能です。ターゲットディスクモードを行う場合にはこのボタンを選択・再起動して進めることもできます。


● 「システム環境設定>起動ディスク」についてのまとめ

・起動するOSを変更する設定
・ターゲットディスクモードの開始




システム環境設定には他にたくさんの設定がありますので、今後も引き続き順番に説明していきます。




0 件のコメント:

コメントを投稿