Unity歴3日目に感じた事

とてつもなく大きい生き物に追いかけられたい・・・


こんにちは。最近は専らオキュラスリフトにはまってます
まだまだ新人エンジニアの2代目Jです

なんかでっかい生物に追いかけられたい!
こういうロマン男の子ならみんな共感しますよね。


という事で

Unity歴3日の僕が超コンパクトに作ってみた!

超入門編としてお読み下さい。




1、プロジェクト作成


とりあえずUnityで新規プロジェクト作成します




プロジェクトができました!
当たり前ですが、作りたてなので何もないですね
こっから何をどうすれば大きい生き物に追いかけられるんでしょうか



2、アセット選定と配置


とりあえずアセットストアから既存の出来上がってる素材を探してみます!
まずは一番大事な大きい生物を探してみると


おぉ・・・恐竜か。悪くない
こんな手の込んでそうな素材が無料であるんですね
早速Unityプロジェクト内にインポートしてみます



なんかこれだけで、もうかっこいいやないか!
しかしもっと雰囲気のある所で追いかけられたいので
続いてステージも準備してさっきの恐竜も配置してみます


同じようにアセットストアから選んだ街並みのシーンを開いて


プレハブフォルダから該当する恐竜をそのシーンに放り込みます





おお!シチュエーションは謎ですが雰囲気はもう出てる!
アセット選定が一番重要かもしれません



2、スクリプトのアタッチ


オキュラス関係の事なので少し割愛しますが、
UnityにOVRPlayerController(オキュラス)も入れてみて、
この時点でのヒエラルキーはこんな感じ

恐竜とOVRPlayerControllerがあればオッケーです



後は簡単なプログラムを入れて追いかけられてみます
配置した恐竜のインスペクタから新しいスクリプトをくっつけます

Add ComponentでScriptを選択します



アタッチしたスクリプトのUpdate内に下記のコードを記載します

using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;

public class move : MonoBehaviour {
    // Use this for initialization
    void Start () {
    }

void Update () {
    //追いかけてくるスピード
    float step = speed * Time.deltaTime;
    //targetの位置を取得して追いかけるスクリプト
    Vector3 newPos = new Vector3 (target.position.x, transform.position.y, target.position.z);
    transform.position = Vector3.MoveTowards (transform.position, newPos, step);
   
    //ターゲットの向きを取得してその方向を向くスクリプト
    transform.rotation = Quaternion.LookRotation (transform.position - target.position);
}


※target(向かう先)はインスペクタ上部のTagで設定しています。

後は移動できるように同じ手順でOVRPlayerController(カメラ)に
スクリプトをくっつけて下記のように記載


using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;

public class camera_move : MonoBehaviour {
    // Use this for initialization
    void Start () {
    }
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        //該当するキーボードキーを押せば移動する
        if (Input.GetKey (KeyCode.DownArrow)) {
            transform.Translate (0, 0, -0.2f);
        } else if (Input.GetKey (KeyCode.UpArrow)) {
            transform.Translate (0, 0, 0.2f);
        } else if (Input.GetKey (KeyCode.LeftArrow)) {
            transform.Translate (-0.2f, 0, 0);
        } else if(Input.GetKey (KeyCode.RightArrow)) {
            transform.Translate (0.2f, 0, 0);
        }
        }
}



それではスタートしてみましょう!


うおおお。なんかいるw




こっちくんなww





なんだこれ(笑)





はい・・・こんな感じでしょうか。

実際には恐竜にアクションをつけたりして、
オキュラスリフトで体験すれば普通にギャーっとなりました。

今回は超入門編でしたがアセットを使うだけで、それなりの物に見えるんですねー
という訳で、これからも変テコなコンテンツ作りに邁進していきます


それでは!




トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman

0 件のコメント:

コメントを投稿