ASO対策とは




バズマーケティングを意識したソーシャルなコンテンツを
ジャストアイデアを連発しながら考案し、

実際にPDCAをまわしていく上で、時には大幅なピヴォットも経験し、

クライアントのベネフィットに寄与するのがマーケッターのミッション

そうしてクライアントのみならずユーザーとのエンゲージメントも高めていく

そんなマーケッターに俺はなりたい。

        



エンジニアのJです。

そんな訳のわかんない話より、レイヤー(笑)を変えて
現場レベルに目を向けた実践的な事を覚えたいですよね。

という事で
ASO対策(アプリの検索順位を上げる施策)の基本を説明していきます。





そもそもASOってなに?


Appli Store Optimaizationの略でSEOの
App storeバージョンです。

IT業界の人は横文字使いたいマンなので、ASOとか言ってますが

単純にアプリのダウンロード数が、少なすぎる時に対策すると
上位に出てきやすくなってダウンロード数が増えるってやつです。






で、ASOってどうすればいいの?


対策したいアプリがどの層にならウケるか考えて、
大体3つぐらいのキーワードを正しく散りばめる

基本はこれだけです。

例えば主婦向けの家計簿アプリを作ったとしてターゲットを主婦に設定します。
そして潜在ユーザー層の主婦が検索しそうなキーワードを、
ルールに則って散りばめます。









↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



今の上の文章では主婦という言葉を違和感がないよう3つ散りばめています。

実はこの含有率を意識するというのが、
ASOないしSEOでは大事です。


しかし難しいのが、「そういう人が検索しそうなキーワード」を選定する事です。

ユーザーが全然検索していない言葉で、上位に出てきてもダウンロード数は
伸びないので上位表示されても自己満足で終わってしまいますね。



エビデンス(笑)をきっちり集めましょう。




ASOツール活用


色々なASO向けツールを活用して
ユーザーはどんなキーワードで検索しているのか?

自分の推論は間違っていないか?などを、
きちんと検討するためのツールをご紹介します。



・Searchman
競合アプリなどを分析できるASOツール
https://searchman.com/ja/



・App Annie
今の順位情報など、傾向などを分析できる
https://www.appannie.com/


・グーグルトレンド、キーワードプランナー
どういう風に検索されているか、
旬なキーワードなどを分析できる
https://www.google.co.jp/trends/









ASO対策まとめ

今回は基本編なので、具体施策については言及しませんでした。
ですが大事な事は、

1、ターゲットに合ったキーワードを選定

2、含有率などを意識して正しくキーワードを散りばめる

3、競合などを分析して再度キーワードを選定して対策


上記の様なPDCA(笑)をまわしていく事なので、
そんなに難しい内容ではありません。


少し長くなったので、具体的なASO施策については次回でご説明します。



お付き合いありがとうございました。





























記事の中でASOという言葉を何回使ったでしょうか?











トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman

0 件のコメント:

コメントを投稿