Google I/O 2016振り返り




こんにちは、かなり暖かくなってきましたね。
最近携帯をずっと使ってたiPhoneからAndroid端末に変えようか検討中のKです。

さて、現地時間の5/18〜20まで開催されたGoogleの開発者向けカンファレンスであるGoogle I/Oについて、今回は多岐に渡るいろんな分野の発表があったこともあり自分なりに少しまとめてみたいと思います。

公式ページ

まず今回のGoogle I/Oは、これまでやっていた室内の会場ではなく、屋外の会場で行われたこともひとつの話題としてあがっていました。Youtube上の360°動画で見ることもできますが、天気が良さそうでまるで夏フェスみたいですね。






Google Home



音声で家電を操作したり、ググったり、スケジュールをアナウンスしてくれるハードウェアGoogle Homeが発表されました。デモでは子供の宿題を手伝ったりしていましたが、超優秀な秘書と家庭教師と物知り老人が同居してるような感じですね。すごいです。映画「her」を彷彿とさせます。ただ結構いろんなデバイスをインターネットに繋げておかないといけないので家族全員に高いリテラシーが必要そうですね。


Allo



機械学習機能を搭載したメッセンジャーのAlloですが、特に驚いたのはテキストだけではなくて送られた画像に対しても会話を補足して返答を作成してくれていた場面です。ちょうど先日の社内勉強会で機械学習のことを学んだのですが、画像認識の研究者で、独自の機械学習を実験されていた外部講師の方が、「結局は学ばせるデータを“沢山集める”工程が最も大変だ」という話をされていたので、このあたりはさすが世界最大のデータベース企業.....驚異!!


Daydream



Android NでVRに対応したモードが追加されるとのこと。ハードウェアはサードパーティが作る想定とのことなので、製品というかVRプロジェクトの総称ですかね?...Daydream(=白昼夢)って中二病っぽくていいいですね。
会社にはOculusのriftの製品版が来たのでVR体験はよくやるのですが、やはりデバイスとPCを合わせて数十万という価格と手軽さがないことは個人にはネックです。気軽にVRが体験できることは楽しみですね。


TPU



 最後に機械学習をより効率化できるTensor Processing Unitというチップが発表されました。
 ”great software shines brightest with great hardware underneath.”とあるように、頭のいい子を作るための脳みそ作っちゃったような感じです。。。すごい。(Googleって検索の会社だったはずじゃ。。)
これは囲碁の世界チャンピオンとも対決した人工知能AlphaGoにも搭載されていたらしいのですが宇宙の組み合わせ以上のものを効率よく計算できるコンピュータって、もはやそれ新しい宇宙や〜(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-.やぱやぱ〜


以上、勢いをより強く感じたGoogle I/O 2016!!!でした!!!
TensorFlow試してみます!!!


トンガルマンWebサイト
https://tongullman.co.jp/index.php
facebook
https://www.facebook.com/Tongullman

0 件のコメント:

コメントを投稿